ひだまりPはこう語った

ひだまりPはこう語った

可愛い女の子がキャッキャウフフしてるだけの脳死オタクアニメを観て感じたことを色々書きます。

【スクフェス】第1回なかよしマッチ振り返り&感想

f:id:hidamarie:20170731231910j:plain

お疲れ様でした!

 

 ラブライブ!の記事は結構ブログに書いてきたんですが、そういえば「スクフェス」についての記事は書いたことがないな、と思い今回新イベント登場ということで書くことにしました。

 

 「続きを読む」からどうぞ!

 

 

 

 

■イベント概要について

 

f:id:hidamarie:20170731232509j:plain

 

 今回が初のイベント「なかよしマッチ」は4人のプレイヤーが同時に1つの楽曲をプレイして、合計スコアなりCOMBO数なり与えられたミッションを達成することでイベントptが多く加算されていく仕組みになっています。通常の楽曲報酬とは別にミッション達成度による報酬もあり、特にSSやSSSランクでクリアするとたまに勧誘チケット等も貰えるのでおいしいですね。

 ランダムにマッチングすることも可能ですが、「プライベートマッチ」と呼ばれる機能で誰か一人がIDナンバーを発行し、それを教えて貰って入力することで他の人が集まってプレイすることもできます。上の画像はTwitterでいっしょにマッチングする人を募集したら集まってくれた時のものです。

 

f:id:hidamarie:20170731232930j:plain

 

 今回のイベント報酬はロックな音楽をテーマにした小泉花陽南ことりの新規SR。言わずと知れたゆるふわコンビのこの2人が報酬カードとなったことでなか○し○ッチというイベント名の醸し出すいやらしい雰囲気が強調されていることは否めないでしょう。

 

 また本イベントの目玉機能としてスタンプ機能の追加。今までスコアマッチにも毒にも薬にもならないクソみたいな定型文を送る機能が存在していましたが、今回のスタンプボイス付きということで皆こぞって使用していましたね。

 

f:id:hidamarie:20170731233415j:plain

 

 スタンプは18種類。「はつげん」は正直いらないと思ってますが、個人的に使用頻度が高いと感じたのは

 

癒やしてあげたい(ことり):挨拶として。ひだまりPは挨拶全部これでした。

みんなお疲れさま!(絵里):ライブ終了後の挨拶として。無難なところを持ってくエリチはさすが。

ダレカタスケテー(花陽):プライベートマッチで人が集まらない時の鉄板。このシチュエーションでみんな使ってましたね。

にっこにっこにー♪(にこ):厄介勢が連打。連打されるとウザい。

ちゅんちゅん♪(ことり):にっこにっこにー♪と同じ。この2つが無難すぎて、同系統である穂乃果の「イェイッ!」や凛の「にゃにゃにゃー」はあまり使われない印象でしたね。

ファイトだよ!(穂乃果):COMBO数目標で一人だけフルコンできなかった人がいた、或いは自分だけフルコンの時に煽りに使う。

意味わかんない!(真姫):COMBO数目標で自分だけフルコンできなかった時、捨てゼリフとして。

やるじゃない(真姫):意味わかんない!と同じ。ややマイルド。

スピリチュアルやね(希):プライベートマッチで人が集まらない時など、他のスタンプだとマイナスなニュアンスに伝わってしまう恐れがある場合にとりあえず送っとけ的なノリでよく使った。

希パワー注入♪(希):スピリチュアルやねと同じ。希は癒やし

 

 こんな感じですかね。Aqours編なかよしエッチが出るとしたらそちらのスタンプにも期待したいですね。絶対曜ちゃんはヨーソロー!だと思うけど、曜ちゃんのもう一つが「千歌ちゃん…やめる?」だったりしたら面白いですね。プライベートマッチで人数揃わない時に連打されそうです。

 

 

■「おたすけパワー」について

 

 「おたすけパワー」とはなかだしマッチに参加するユニットの強さによって1~10のおたすけパワーが固定で与えられ、4人のおたすけパワーの合計値によって全員が恩恵を得られるというものです。具体的にはCOMBO数目標のコンボミッションなら総おたすけパワーの数だけパーフェクトサポートが得られ、総スコアが目標のスコアミッションなら総おたすけパワー×1%タップ時のスコアが増えるという仕様になっています。

 チームのおたすけパワーはユニットのレア度及びスキルLvで決まるとされており、ひだまりPの本気ユニットは3属性ともおたすけパワー「5」でした。

 

f:id:hidamarie:20170801000134j:plain

 

 Twitter等でも自分のユニットとおたすけパワーを公開している人がいましたが、全員覚醒UR艦隊でもおたすけ6~7だったということもあって震えますね。一度だけおたすけ10の人を見ましたが…

 やはり3~5あたりのミドル層が一番多く、6はまあまあ居ますが7以上はかなり貴重な存在だった印象ですね。

 

 

■イベントについて

 

 初日~100,000ptくらいまではがむしゃらにランダムマッチングで稼ぎまくりました。ひだまりPは普段こんなにイベントを頑張らないというか、普段は累計pt報酬SRの1枚目を取ったところからもう少し進めてポイントランキングの12万位以内に入って順位報酬SRも1枚貰うという最低限の遊び方をしていたんですが今回は全力で頑張ったら何位くらいに入れるかとふと思い立ち、時間の許す限り走ってみました。

 珍しく全力で走ってて実感したのはひだまりP、ランクが低すぎて140くらいなので、LPって95しかないんですよね。EXPERTのライブなら3回しかできないんですよ。ランク1位の人とかだとランク790とかありましたもんね。ランク650差ってことはLPにして325差ってことで、つまりラブカストーン1個使うごとにひだまりPよりも13回多くライブができるんですよね。格差社会パねぇですよね。とは言え今回全力で回した割にはラブカストーンが減りませんでした。今のラブライブは石をたくさん配ってくれますよね。

 

 前述の通りなかよしマッチには合計COMBO数が目標のコンボミッションと合計スコアが目標のスコアミッションがあります。

 まずコンボミッションですけどこれはぶっちゃけ作業ゲーですよね。いやね、コンボミッションという位だからコンボ繋げるのが上手い人が優遇されるのかと思いきやまさかのおたすけパワーのせいで常時パーフェクトサポート10個以上ですからね。当然押し損ねたりすればミス判定になりますが、基本的に今回の課題曲のような☆10EXPERT程度ならこの条件だとフルコン前提になります。おたすけどころか補助輪付きの自転車に乗ってるような感覚ですよね。まあ、それだけにうっかりミスすると自分一人だけ単独4位で他全員フルコンボ1位!とかなりがちですけれど。 普段スクフェスが上手かろうがそうでなかろうが、一定以上できる人なら技術の差もクソもなくなってるのがコンボミッションとは名ばかりなところですね。普通なら絶対最後でミスする好きですが好きですか?も、この条件なら楽々フルコンできてしまいます。逆に全員フルコンボで1位!の時が、このイベントで唯一本当になかよしになれるタイミングではないでしょうか。コンボミッションの場合はおたすけパワーが1人頭2~3あるだけでも充分過ぎるので、終盤は絆稼ぎ用でしたね。

 

 そしてスコアミッションはおたすけパワー×1%タップスコアが上昇するという仕様。このイベントにもハイスコアランキングがあるので、ハイスコアを狙おうとすればコンボミッションとは打って変わっておたすけ1の差が明暗を分けたりします。

 これがイヤらしいですよね。どうしたってハイスコアを狙う人の間ではおたすけパワーの高い人は歓迎され、低い人はその逆じゃないですか。しかもおたすけパワーはチームのレアリティと特技Lvで決まるということで、基本的にはストレートに課金の成果が反映されるのですよね。これまでスクフェスで他人の力を要することなんてライブにフレンドを連れて行く機能と、何ちゃらマッチで友達の誰々さんが助けに来てくれたよ!みたいなどうでもいい機能ばかりでこんな風にリアルタイムでプレイヤー同士が相互補助するっていうのは地味に今までなかったことなんですよね。

 スコアマッチみたくユニットの強い人が単純に高いスコアを出して若干優遇されるというのは分かるのですが、各個人のユニットの強さが全員のスコアに影響するというのは若干露骨でやりづらさを感じますね。

 

 そもそもこれおたすけパワーが無ければただのスコアマッチっていうね。4人集まって、ライブして、スコアの高い人から貢献度1位、2位…が決まっていき勿論順位によっても貰えるptにボーナスがあるので「あいて」か「なかま」かの差だけでやってることは実質スコアマッチなんですよね。

 とは言え「なかよしマッチ」などと言っても実際下手に協力関係なんて築かせればギスギスするのは火を見るより明らかな話で、ラブライブ!のエピソードでは散々みんなで叶える物語などと言っておきながら実際はこんなどうでもいいイベントですら一致団結できないオタクの有り様を皮肉っているのかもしれないですね。

 

 

 そしてプライベートマッチ機能について。上述の通り自分がホストになって部屋を立て、部屋のIDを他人に教えることで入ってもらう一緒になかよしマッチする機能です。基本的に報酬等はランダムマッチングと変わらず、場合によっては中々4人揃わなくて延々待たされるような場合も結構あるんですがランダムマッチングと比べたメリットとしては、まずSNS上の知り合いとスクフェスでも友達になりやすい点。Twitterで募集かけるとフォロワーが来てくれたりするので、名前から誰だか分かる人はそのままゲーム履歴から友達申請できます。最近はイベントでフレンド間のランキングが見れたりもするのでモチベーション向上になりますね。

 もう1つは高おたすけパワーが(比較的)得られやすい(かもしれない)こと。ひだまりPは部屋立てるのも別の人のに参加するのもTwitterからでしたが、ランダムに比べておたすけパワーの高い人が多かった印象です。まあランダムなら一瞬でマッチングできるところをワザワザTwitterで募集かけるのはそれなりにやり込んでる層になるって事でしょうかね。

 

 累計pt報酬の3枚目って何ptでしたっけ?12万くらいでしたっけ。そもそもひだまりPイベントの累計pt報酬に3枚目があることすら今回初めて知りましたね。初っ端から暇さえあれば走り続けた僕もこの辺からはスコア狙いついでにまったり回す方針に切り替えTwitterでひたすらおたすけパワーが高いユーザーに貼り付いてプライベートマッチに参加する寄生プレイに切り替えました。Twitterハッシュタグ#なかよしマッチでは同じようにスコア狙いの人たちが盛んに募集をかけていて、おたすけパワー7↑とかでメンバー不問の人の募集は早いと十数秒で埋まってしまうのでiPadを開いてスタンバイしながらF5連打でやってました。

 面倒なのはスコアアタックする以前にスコアアタックできる条件が揃うのが相当難しいんですよね。

 まずおたすけパワーの合計が高い人が揃うこと。募集主は7~8クラスでも同レベルの人たちが集まる保証はないので基本は運です。ひだまりP自身が5なので、だいたい平均5の合計20ならワンチャンスって感じでしたね。

 まず楽曲。そもそもノーツ数の少ない曲が選ばれたら話にならないのでスマイルならHappy maker! やWAO-WAO Powerful day!ピュアなら好きですが好きですか?やSUNNY DAY SONG、クールならNO EXIT ORIONSuper LOVE=Super LIVE!あたりです。

 そしてスコアミッションであること。コンボミッションではおたすけパワーがパーフェクトサポートになってしまうのでスコアが伸ばせません。

 これを満たした上で当然ハイスコア狙いならば自力でフルコンする必要があるので手が震えますね。好きですが好きですか?とかは正直フルコン無理なので、ユニットの強さを考慮してもSuper LOVE=Super LIVE!が今回のひだまりPの課題曲でした。

 

f:id:hidamarie:20170802175505j:plain

 まさかのおたパ10と巡り合いSuper LOVE=Super LIVE!が選ばれたにも関わらず空気読まないコンボミッション。これはほぼ最終日くらいだったのでこれを期にハイスコア更新は諦めました。会いたくなかった、セイハロー。

 

 今回のハイスコアは94万点、確かおたすけ7-6-7-5で合計1.25倍くらいだったように記憶しています。

f:id:hidamarie:20170802175901j:plain

 

 Super LOVE=Super LIVE!も地味にフルコン安定しないんですよね。ハリハリハーのとこが難しいですよね。ひだまりP、このイベントで一生分ハリハリハーしました。飛ばしすぎましたね。ハラショー。

 

 できたら100万に乗せたかったのですが、これとおたすけほぼ同条件でも最大で91万くらいまでしか届かなかったのでこの94万点が寧ろラッキーの重なりまくった最大マックスだったんだと思います。これで更新した当初は2万位を切ってたんですが、最終的なランキングは2万2003位でした。まあスコア報酬は1万位と3万位でボーダーなので、3万まで落ちなかったことで良しとしました。

 

 そんな感じです。

 

  なかよしマッチ、まあ今回は報酬のことりと花陽が可愛かったのがモチベーションにはなりましたがおたすけパワー周りの仕様は改善の余地が多そうですね。スコア狙いでライブは大量消化できましたがハイスコアを狙うのにかなりの割合での他力が必要というのは正直めんどくさいです。まあAqoursスタンプに期待ですね。

 

 今回せっかくスクフェスの記事書いたのでひだまりPのアカウントも掲載しておきます。Twitterで声かけて貰えればフレンド枠の許す限り承認させて頂きますので、よかったらどうぞ。 

f:id:hidamarie:20170802181704j:plain

 

 それでは!

f:id:hidamarie:20170802182052p:plain