ひだまりPはこう語った

ひだまりPはこう語った

可愛い女の子がキャッキャウフフしてるだけの脳死オタクアニメを観て感じたことを色々書きます。

ラブライブ!サンシャイン!!#8「くやしくないの?」感想-Step! ZERO to ONE

f:id:hidamarie:20160821184006j:plain

 

 ダイヤさん…うわぁ…いくつかの場面が…うまく言えないけど…宝物だ…

冷たい泉に素足をひたして、スカイスクレイパーを見上げような。

 

  どうでも良いんですけど前回記事のサムネイルと今回のを併せると「初デートに気合入れすぎて斜め上のファッションになってしまい見事にフられたルビィちゃんを慰めるお姉ちゃん」みたいに見えてきますね。どうでもいいですね。

 

 ラブライブ!サンシャイン!!第8話の感想です。

 

 

 

 

 

 セイントスノーのライブ、やはりクオリティの高いものでしたね。2人組であることを活かした大胆なハモりが印象的で、お互いの声量が非常に際立っていて大変迫力のあるものでした。

 曲「SELF CONTROL」はまさにアイドルアニメのライバルポジションに相応しい向上心と自己実現欲求が溢れんばかりに詰め込まれた意識高い系ナンバー。同じライバルキャラでも「人生はちょっとの勇気と情熱でそwワチャドゥーw」とか言ってたアライズさんとはなかなか温度差がありますが、もしかするとそのアライズも駆け出しの頃はこんな風だったのかもしれません。

 

 

 Saint Snowのライブパフォーマンスに圧倒されつつも、何とか自分たちのステージをやり遂げたAqours。しかし結果は思わしくなく、また今の自分達よりも上に感じたSaint Snowでさえ入賞できなかったという現実を見て改めてスクールアイドルの層の厚さを思い知らされる結果となりました。そして、それに追い打ちをかけるようにイベントに参加したスクールアイドル30組の順位投票のうち、Aqoursはなんと得票数ゼロ票の最下位

 

 

 そして得票数ゼロ票に打ちひしがれるAqoursのとこにわざわざ来て「ラブライブを目指してるのなら諦めたほうが良いですよw」とか煽ってくるセイントスノーの二人。

 f:id:hidamarie:20160821214515j:plain

 

 うーん…こういうのが無かったら下手するとA-RISEに近いライバル兼目標みたいな立ち位置を獲得できたのに、いちいちこんな器の狭さを露呈してくるのはいただけないですね。このシーンは正直蛇足だと思います。

 セイントセイヤの妹の方が泣きながら「スクールアイドルを馬鹿にしないで。」とか言い捨てていくわけですけど…これだと、ただの入賞できなかった八つ当たりになってるんですよね。勿論今後の展開次第でこのセイントテールの二人の背景や事情も見えてくるのかもしれませんが…

 そもそもセイン・カミュが何故Aqoursをやたら目の敵にするのか分かりませんが、千歌ちゃん達からしてみれば意識高い系勘違い女に運悪く絡まれたと、そんな感じの認識でいて良いとは思いますね。切り替えていこう。

 

 

 セインコスギの入れてきた茶々はともかく、実際に自分たちの出来る精一杯のパフォーマンスをしてもお客さんの心を誰一人として動かせなかった事は事実。千歌ちゃんは皆が暗いムードにならない様にと、「後悔のないライブがやれたから満足」「東京のイベントに呼ばれただけでも凄い」と精一杯に前向きな事を言うものの、どこか上滑りしているようです。そんな千歌ちゃんに曜ちゃんが言った、核心に迫る一言。

 

千歌ちゃんは、くやしくないの?

 

 …あぁ。確かに曜ちゃん、これ言うのは曜ちゃんなのか。

 下手すると曜ちゃん、高飛び込みの選手としてずっと期待されて来て、なおかつその期待に必ず応えてきたから、こういう挫折を経験したことがないのかも。曜ちゃんはライブの前には弱気になってるメンバーを励ましたりしていました。それは「やればできる」と信じていたから、「精一杯妥協せず頑張ったけど、全く結果がついてこなかった」っていう経験が初めてなのかも。もちろん、そうじゃないかもしれないですけど。

 下手すれば初めて味わう無力感に打たれながらも、後輩もいる前だし自分だけが泣いているわけにはいかない。リーダーの千歌ちゃんが泣いたり或いは怒ったり、いつものように感情を表に出してくれれば自分も一緒に感情を共有できるのに…それなのに千歌ちゃんは上っ面の事ばかり言ってる。それがもどかしいやら、じれったいやらで、だからこそ皆が飲み込んでいた言葉を曜ちゃんが、敢えて口に出した。「くやしくないの?」って。

 曜ちゃんは「千歌ちゃんと一緒に、本気で何かをやりたかった」と言っていた。それは嬉しいことも悔しいことも、千歌ちゃんといっしょに共有したいって気持ちで、だから千歌ちゃんが自分の前で本当の気持ちを隠しているのが、曜ちゃんにとってはすごく辛いのかなと、そんな感じに思ったりもしましたね。

 

 

 内浦に帰った千歌ちゃん達を待っていたのは、この結果をほぼ予想していたダイヤさん。ダイヤさんを見たルビィちゃんは、今まで堪えていたものを吐き出すようにダイヤさんの胸の中で泣き出しました。ダイヤさん、なんか今まで色々あっただけにダイヤさんがしっかりお姉ちゃんしてると安心しますね。

 ここルビィちゃんが、花丸ちゃんと一緒の時は泣かなかったの偉い。一緒にライブした仲間である花丸ちゃんだって、今辛い気持ちや悔しい気持ちで一杯なはずだから。ルビィが泣いたら、皆ルビィに気を遣ってくれるということを一番知っているからこそ彼女はずっと涙を堪えていたのかもしれません。或いは、対等な1年生の仲間同士なのにルビィ1人がワンワン泣いてたら情けないという意地か。ルビィの中にも、こういう強い気持ちがあるってわかる描写が入ってすごく良かったです。

 

f:id:hidamarie:20160821184006j:plain

 ダイヤさんはママにしたくないと何かで言ったがあれは取り消そう。っていうかダイヤさんのこれまではもう全部許す。ぼららら以外は全部許す。

 

 

 ”先に言っておきますけど、貴女達は決してダメだったわけではないのです。

スクールアイドルとして十分練習を積み、見てくれる人を楽しませるに足りるパフォーマンスもしている。”

 

 ダイヤさんはやさしい。ルビィが千歌ちゃん側にいなかったらこうはいかなかったかもしれませんね。それは兎も角、μ'sの活躍以降スクールアイドルは一気に盛り上がりを見せ、全体のレベル向上と共に並のパフォーマンスでは箸にも棒にもかからなくなってしまったと教えてくれます。まあ要はヒ○キンを見てユーチューバーが急増したようなもんですね。

 或いはそのμ'sでさえ今のスクールアイドルの中にひょこっと現れてももうトップには立てないかもしれない。(だから今が最高!つってねw)μ'sが伝説と呼ばれ神格化されている本当のところは、これほどまでにスクールアイドルが大流行する礎を築いたその影響力なのだという所が印象的なシーンでしたね。

 改めて考えるとμ's自身の活動期間はたったの半年あまり、その間に海外ライブを成功させて日本中にスクールアイドルここにありと知らしめ、更にはスクールアイドル皆をひとつにした巨大なライブまで実現。それを機にドーム大会が開かれるまでにスクールアイドルの歴史を大きく変えながら、自身は人気の絶頂の中で早々に身を引いたというその嵐のような存在感も、また伝説を築いた格なのかもしれません。というか下手するとこれゴールド・ロジャー的存在ですよね。千歌ちゃんもありったけの夢をかき集めて、探しものを探しに行くんじゃないですか…マジかよ…ポケットのコイン…?それと曜 wanna be my friends…?

 

 

二年前、既に浦の星には統合になるかもという噂がありましてね…」これ正直話半分なんだけど、6話の千歌ちゃんと同じく当時のダイヤさんもμ'sに憧れるあまり、廃校方向に話を盛ったという可能性が微レ存ですね。まあ、それはともかく、ついに明かされる三年生の過去話。

 

 

f:id:hidamarie:20160822005052j:plain

やったぜ!!!

 

 果南ちゃんのスクールアイドル勧誘方法が千歌ちゃんの上位互換で笑う。そして千歌ちゃんと同じくスクールアイドルで廃校を救うと息巻いてるダイヤさんがクソ可愛い。そして鞠莉さんはこの頃はまだ「好きな音楽はインダストリアルメタルだしやめとくよw」とか地獄のミサワみたいな事言ってた頃だ。

 

 

f:id:hidamarie:20160822005552j:plain

 

 「鼻息がベリーハード」と言われてお口抑えるダイヤさん、はっちゃけてる中にも育ちの良さが滲み出ててかわいいね。田舎者ばかりのAqoursの中で、黒澤姉妹はこういう存在であって欲しいと願います。

 っていうか、半分忘れてた伏線だけどこのシーンで果南ちゃんが書いてるのアレだよね、千歌ちゃん達が部室貰った時にホワイトボードにあった消えかけのやつだよね。

 

 

 そして。同じくTOKYOに呼ばれた果南と愉快なセフレ達(仮称)はしかし、他のスクールアイドルのパフォーマンスレベルと会場の空気に圧倒されて何も歌えなかったと…なんかデジャブだよね、つい最近なんかのアニメでそういう系の話聞いたような…あれ何だっけ…っていうか梨子ちゃんじゃん!!!梨子ちゃんのピアノ!ドとレとミとファとソとラとシの音が出なかった梨子ちゃんのピアノの話じゃん!!!何でダブらせたの!?Aqoursメンバー放送事故の常習過ぎでしょ。

 まあ、そんな茶々は置いといて。

 

 思い出すのは3話のファーストライブ。停電で歌えなくなった千歌達に非常用発電機を持ってきてあげたのはツンデレではなく、今にして思えばダイヤさんは自分と同じ思いをさせたくなかったんだなぁ。

 Aqoursがスクールアイドルとして、ラブライブを目指して、全国とのレベル差を目の当たりにして傷ついて欲しくないと、そう思っているならあのファーストライブで諦めさせれば良かった。でもダイヤお姉ちゃんは優しいから、千歌ちゃん達を助けてあげて代わりにぽまいら調子のんなと釘を刺すだけにしておいたんですね。

 

 この話、想像すればするほどダイヤさんが一番辛いのかも。地元では何でもこなす名家のお嬢様で通っていたダイヤさんがスクールアイドルを始めて、そこそこ支持されるようになって、私が学校を救うのですわなんて息巻いていたことでしょう。そして町の期待を背負いながらいざ東京へ…行ったはいいが、他のスクールアイドルに気圧されて、何も歌えずに帰ってきました。なんて。きっと今回の千歌ちゃん達のように級友たちから期待の目を向けられ、そこでどんな顔して何て言うんでしょう。

 ダイヤさんにとって、プライドを粉々にへし折られるような屈辱だったはずです。スクールアイドルなんて見たくもなくなる程に。

 だから、これ話してくれたダイヤさんは偉い。そして話してくれた事が、ダイヤさんがAqoursをスクールアイドルとして認めてくれた、その証なのでしょう。

 

 

 

 そんな過去話をダイヤさんが打ち明けてくれた一方、洋画みたいなロマンチックな呼びだされ方で逢瀬する鞠莉と果南。これアレやんけもう完全にアレやん。身分違いの恋人同士やん。このシーンを見て果南のお父さんの怪我は果南が鞠莉に手を出した事による小原家のケジメという説が一層信憑性を増したように思いますね(※増さない)。

 

 果南ちゃんは鞠莉さんに第一声「どうするつもり?」皆が傷つく前にスクールアイドルは諦めるべきだと主張する果南。まあ果南ちゃんは海の男ですから、それだけに自分の不甲斐なさ故に大舞台で自分のオンナ達に恥かかせたのが大きな心の傷になっているのは疑いようもありません。

 

 ただ、それじゃあ千歌ちゃん達に東京行きを許可した鞠莉さんは軽率だったのかと言えば、そうは決して思わないです。たとえ井の中の蛙だと思い知らされ、泣いて帰ってくる結果になるのだとしても。

 ダイヤさんや果南ちゃんが後輩達のスクールアイドルに反対するのは優しさだけど、同時に傲慢でもあると思います。勿論彼女達が深く傷つき、自分たちと同じ思いを後輩にさせたくないと思ったのはわかります。でも、後ろの道を閉ざしちゃったらいけない。

 やってみなくちゃ始まらないと千歌ちゃんは言った。千歌ちゃん達が傷つくのも、そしてそこで諦めるのも進み続けるのも全ては彼女達が選ぶ道なんです。それがスクールアイドルだってたぶんそんなような事をμ'sも言ってた。たぶん。

 

 まあそんな形で鞠莉さんがAqoursを東京に行かせた事それ自体は全然間違いではない。とは思うんですが鞠莉さんはこの話の流れで何で果南ちゃんが胸に飛び込んできてくれると思ったんでしょうね。鞠莉さんは何でもお見通しみたいな顔してるけど結構先読みが出来てないとこあるよね。と言うより行動力はあって頭も回るけど、人の心を動かすのが凄くニガテなのかも。まぁ、可愛いけどね。

 

f:id:hidamarie:20160822214101j:plain

鞠莉さんだけ違うアニメみたいにするの笑うからやめて…。

 

 この鞠莉と果南の逢引きのくだりはシリアスなシーンに見せかけて、実は今回唯一の笑いどころだったと僕は思っています。っていうか、ここはちょっと巻きでやりすぎたんじゃないかなーと思う。

 

 

 

 場面は変わってAqoursの皆さん。帰り際、曜ちゃんは千歌ちゃんに向かって「…(スクールアイドルを)やめる?」と問いかけます。

 曜ちゃんは千歌ちゃんの性格を判っていて、何かあるごとに「じゃあ諦める?」と聞いていました。そうした方が、千歌ちゃんは一層燃えると判っていたから。でも今回、千歌ちゃんはその問いかけに何も答えない。それだけ千歌ちゃんにとってもこの問題は深刻というのが一つ。

 もう一つは、ここで千歌ちゃんに「やめる?」って聞けるのは曜ちゃんしかいないんですよね。他のメンバーなら、千歌ちゃんに「やめる?」なんて聞かないじゃないですか。そうじゃなくて「私はついていけないから抜けるね」ってなるでしょう。曜ちゃんのこの発言は、「千歌ちゃんと一緒に」スクールアイドルをやることにこだわっている曜ちゃんならではで、つまりは千歌ちゃんに委ねるよとそういう意味なんですね。

 今までは「じゃあ諦める?」と言って千歌ちゃんを奮い立たせることができた。でも今回はそんな軽口で簡単には解決できない。だからといって曜ちゃんががんばルビィなんて言っても届かない。そういう事態に直面した時、曜ちゃんはどうするんでしょう。どうもできないんですね。「私は千歌ちゃんについていくよ」と、その意思表示をするだけしかできない。もどかしいですね。

 

 

 曜ちゃん…がんばれ…がんばれ…!

 

 

 

 夜は明け。千歌ちゃんがショックのあまり入水自殺したんじゃないかと、自分の1話での事も棚に上げて血相を変えて探しまわる梨子ちゃん。

 

 千歌ちゃんの手から零れ落ちる海水の、最後のひとしずくだけをギュッと握りしめる所いいですよね。今まで掴みとってきた成功や自信が、千歌ちゃんの目標からすればほんのちっぽけで儚いものだと気付かされたけど、井の中の蛙だと思い知らされたけど。この大きな海で自分たちがどこまで行けるのか、まだ何もわからないからここで辞めるわけにはいかない。

 

 皆の前では堪えてた悔しい気持ちと涙を、梨子ちゃんの前で初めて吐露した千歌ちゃん。「バカね、みんな千歌ちゃんの為にスクールアイドルやってるんじゃないの。」梨子ちゃんのセリフはすごく大事なことで、千歌ちゃんがこうして自分の感情を素直に吐き出してくれることでやっとAqoursは再び前に進めるんです。ここで千歌ちゃんが悔しい気持ちをこらえたまま空元気で進んじゃったら、今はそれで良くても次に何かあった時、千歌ちゃんが今度は耐えられなくなるから。

 梨子ちゃんが言ったセリフの、この失敗を最悪の形でやっちゃったのがアニメ1期の穂乃果なんです。ラブライブに出られなかったのも、親友を傷つけてしまったのも全部自分のせいだと背負い込んだ挙句にパンクして動けなくなってしまった。今回のシーンはμ'sファーストライブの完敗からのスタートをオマージュしていながら、しかしこのことり留学問題にもアクアなりの答えを出しているんですね。悩みの種の花が育ったら摘んでしまわないといけないんです。ここからは夢のなるようなもっと素敵な種を蒔いてほしいですね。そう、ゼロから1歩は、勇気が必要なんです。たぶんこの先の未来は謎のままなんでしょうね。

 

 そんな綺麗にまとまった所で、最後に一つだけいいですか?

 

 雨、降ったり止んだりしすぎ………

 

f:id:hidamarie:20160822225135j:plain

 ときにこれ皆は普段着だからまだ良いけど善子ちゃんはこの衣装潮でベタベタにして大丈夫だったんでしょうか。善子ちゃんも海入るの普通にイヤだったけどまあ空気読んだんでしょうね。人の輪に溶け込むの善子の課題みたいなもんやし。善子ちゃんは割とスクールアイドルとして堕天使キャラができればそれで良いみたいなとこあってラブライブに出られるとか出られないとかあんまり気にしてないっぽいのでこの回では一番精神的余裕があったと言うか、それだけに空気読むシーンとギャグ要員になるシーンが多かったですね。しかし冒頭で双眼鏡で覗かれるシーンは真姫ちゃんのPV作るシーンの「トラナイデ!」ですし、ダイヤさんの話にしょーもないボケかました時の「つっこみ早っ!」は言うまでもないにこにーオマージュなどと地道にミューズ・ポイントを稼ぎにくるあざとい面も見せてくれましたね。

 

 

 前回はあれでこのまま鬱展開モードに入るのかと戦々恐々でしたが、一話だけでケリつけてくれて良かったです。この回は3年生組のそれぞれの立場と思いであるとか、千歌ちゃんがアホのようで何気にAqoursの中にいる自分のことを真剣に考えてることとか、ルビィのお姉ちゃんにべったりな裏でスクールアイドルとしての芯の強さが見えたこととか、曜ちゃんの初めての挫折だとか、逆に梨子ちゃんは自分が挫折した経験を千歌ちゃんと共有できていたから、千歌ちゃんも安心して梨子ちゃんに胸の内を打ち明けられたとか、色々と要素が多すぎて何から書けばいいのかわからずまた何か思いついたら追記するかもしれないです。

 

 それではまた!

 

 ←前回のラブライブ!サンシャイン!!

  次回のラブライブ!サンシャイン!!→