ひだまりPはこう語った

ひだまりPはこう語った

可愛い女の子がキャッキャウフフしてるだけの脳死オタクアニメを観て感じたことを色々書きます。

『ラブライブ!ねんどろいどぷちPrintemps(おまけのミニゲーム付き)』購入!

ついに手元に届きました!

 

f:id:hidamarie:20140829225641j:plain

 

ラブライブ!ねんどろいどぷちVol.1 Printemps購入しました!穂乃果・ことり・花陽の3体で9,430円は相当お高いと思いますが…とにかく開けてみましょう!

 

 

 

中箱です。

f:id:hidamarie:20140829230005j:plain

 

箱から出して、組み立ててみるとこんな感じ!

 

f:id:hidamarie:20140829230124j:plain

 

ちゃんと作ってあってかわいいです。冒頭のイラストと比較すると細部の作り込みがちゃちぃ気がしますが、ねんどろいどぷちならこんなものでしょう。なおスカートは脱がせます

 

f:id:hidamarie:20140829230346j:plain

 

ほのほのほの。ねんどろいどぷちは背面の支柱みたいな奴を背中に刺すのがめっちゃ緊張しますね。力入れすぎて潰してしまうんじゃないかって………

 

f:id:hidamarie:20140829230603j:plain

 

ほのほのほのほのほのほの。夏色えがお衣装の穂乃果はある角度から見るとめっちゃ可愛いんですけど、写真でそれを伝えるのがむずかしいんですね。

 

ひと通り堪能したので、フィギュアは机の上に飾って癒やしにします。では!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hidamarie:20140829230754j:plain

 

箱を仕舞いかけている時に気づいたんですが、これは何なんでしょうか。

 

「当たり」とかですかね?これに住所・氏名・年齢・ラブライブの感想を書いて送ると豪華賞品プレゼントみたいな…何故か開けるとPS vitaのゲームカードが入っていました。

 

f:id:hidamarie:20140829231108j:plain

 

試しに起動してみましょう。

 

f:id:hidamarie:20140829231255j:plain

 

起動したらこんな画面になりました!おまけディスク的な感じですかね?どういうゲームなのか皆目見当がつきませんが…

 

f:id:hidamarie:20140829231341j:plain

 

3Dカスタム少女で作ったみたいな穂乃果ちゃんが出迎えてくれました!ここまで見た限りですと、「ボディや衣装をカスタマイズしてμ'sメンバーとエッチできるゲーム」のように思えますが………

 

f:id:hidamarie:20140829231536j:plain

 

かよちんだ。

 

キャラが俯いた時に口のところにできるシワみたいな線は何なんでしょうね、最初襟が顔を透けてるのかと思ってしまった。

 

f:id:hidamarie:20140829231703j:plain

 

真姫ちゃん。

 

完全に「誰かが喋る度に笑いを誘うゲーム」になっているんですが、3Dカスタム少女とは言え原作との乖離が激しすぎてものすごくショボいグラフィックに思えてきます。

 

f:id:hidamarie:20140829231936j:plain

 

エロゲーではなく音ゲーだったみたいです。

 

 初めに楽曲・衣装・ステージを選択。チュートリアルの時点では『僕らは今のなかで』『Wonderful Rush』の2曲しか入ってません。この画面右でみんなが喋ってるのは、カーソルを合わせると「○○の意見を採用しますか?」という選択が表示され、その通りにすると画像のようにボーナスポイントが入るみたいです。「リクエスト:☆18以上 ♡18以上」って書いてますが別に合計値(?)がそれを下回っていてもライブは可能でした。この数字に何の意味があるのかはあまりよくわかりません。

 

f:id:hidamarie:20140829232250j:plain

f:id:hidamarie:20140829232241j:plain

 

 これがゲーム画面。チュートリアルではなくて、「フリープレイ」モード解放後の画像です。何となく「アイドルマスターシャイニーフェスタ」のリズムゲーム画面を思い出す感じですが、いや。「シャイニーフェスタを、そのままパクれば良かったのに…」ってめちゃくちゃ思わせる出来でしたね。

 まず、画面に映ってるピンクの♡のターゲットが来たら△□○×ボタンのいずれかを、青の☆のターゲットが来たら十字キーのいずれかを押すっていうシステムなんですけど、兎に角ごっちゃになる。(慣れなんでしょうが…)シャイニーフェスタだと、「左から来るのは左のボタン、右から来るのは右のボタン」っていう、非常に直感的な操作が出来たじゃないですか。それでいてあれは別にヌルゲーになっている訳でもなかった。こっちだと、「左半分のときに出現した♡マークで左側ボタンを押してしまう」事故がしょっちゅう起こってしまうわけです。

 更にもっと酷いのは「長押し」の仕様。「通常の単押しのアイコンと、長押しのアイコンに違いがなさすぎる」上に、画像だとターゲット同士を結んでる黄色い線ありますよね。あれが長押しの時でなくても常に動いているので、「長く押せばいいのか、1回押せばいいのか」を判断するのは慣れが必要です。

 僕はこの手の所謂音ゲーをほとんどやらないのでどうしてもシャイニーフェスタみたいなゲームと比較してしまうんですが、直感的な操作性に欠けるというのがゲームをやってみて思ったことですね。まあ、やってるうちに慣れていくものかもしれないですが………

 

□スクールアイドルパラダイスの悪い点まとめ

(ただし、ちょいプレイしただけの感想です。)

 

・グラフィックがちゃち過ぎる

 予算どんだけ削られてるんだと思ってしまいます。逆に、ほとんど既存曲の使い回しでもグラフィックさえ優れていればユーザーは満足すると思うんですが、何故一番肝心なところを削ってしまったのかが甚だ疑問です。画質面で完全下位機種のPSPのゲームであるアイドルマスターシャイニーフェスタよりも酷いグラフィックに、もうこのゲームの発売自体がネガキャンなのではないかと思ってしまうレベルです。

 

リズムゲームの操作性が直感的でない

 前述の通りです。ただしこれはユーザーの「慣れ」に左右される部分もあると思います。

 

・ストーリーパートのメッセージ送りが面倒

 何故かその部分のセリフがある程度進んでからでないとボタンを押してもテキストが進まない仕様になっています。読み飛ばすわけじゃないですが、少なくとも連打すればパラパラめくれる仕様にはなっていて欲しかったですね。チュートリアルも無駄に冗長な気がします。

 

・その他システム面

 会話の途中でセーブできないのは地味に面倒です。セーブはストーリーの区切り毎なんですが、だいたいがセーブ→リズムゲーム→ストーリーパート→セーブ…の繰り返しなので途中でやめるとまたゲームからやり直しです。

 あとは、フリープレイは最初から解放していて欲しかった。

 

 

 結果。現時点ではシャイニーフェスタの完全劣化と言っていいと思います。グラフィックを総差し替えでもしない限りちょっとやそっとのアップデートで覆る酷さではないのですが、今後に期待しようが無いんですが、まあ、なんだ。せっかく買ったので、最後までプレイしましょう。

 

では!