ひだまりPはこう語った

ひだまりPはこう語った

可愛い女の子がキャッキャウフフしてるだけの脳死オタクアニメを観て感じたことを色々書きます。

μ's 3rdシングル「夏色えがおで1,2,Jump!」 感想-アイドルが、若気の至り、エロシーン

f:id:hidamarie:20170106013932j:plain

 

 今回はμ'sの3rdシングルとなる「夏色えがおで1,2,Jump!」のCDを購入しましたのでレビューしたいと思います。

 

 前回記事の「Snow halation」に続きμ'sのリリースした曲の中でもかなり高い人気度を誇るナンバーであり、むしろSnow halationと併せてμ's曲のワン・ツーだという方も多いのでは?というくらいファンにとっては王道の名曲ですね。

 

 この曲もベストアルバムに収録されておりむろん既に何度も聴いていますが、これらのシングルCDにはオマケとしてドラマパートが収録されており、そちらを聴くことをメインの目的としています。前回「Snow halation」のドラマパートではμ'sをアニメから知った僕にとって色々と新鮮に感じる要素が多く今回も期待していたのですが、今回は新鮮どころか今まで積み上げてきたμ'sへの価値観そのものを揺るがすようなセンショーナルな内容に頭と股間がハレーションしそうになりました。

 やはりラブライブ!のメインコンテンツと言えばCDですから、そのCDをちゃんと聴かないとこうやって足元を掬われてしまうのですね。さしずめ「百見は一聞に如かず」とでも言った所でしょうか。なんつってね、ハッハッハ。

 

 

続きます。

 

 

続きを読む

μ's 2ndシングル「Snow halation」 感想-初期μ'sに見るラブライブ!のエロスの根源

f:id:hidamarie:20161225233315j:plain

 

 クリスマスなのでμ'sの第2作目となるシングル「Snow halation」を購入しました!

 

Snow halation」「baby maybe 恋のボタン」の2曲に加え各メンバーのボイスパート、そしてPV映像の収録されたDVDが入っています。

 

簡単にですが、レビューしたいと思います。

 

 

 

 

続きを読む

ポケットモンスターサン攻略日記-がんばリーリエ!

f:id:hidamarie:20161206142620j:plain

帰るんだ、あのソファベッドへ―――

 

 

 

 ポケットモンスターサン、とりあえず殿堂入りしてきましたので簡単な感想を書いていきます。

 

 

※以降では物語の核心に触れるネタバレがあります!

 ネタバレ無しは下の記事からどうぞ。


 

 

続きを読む

ポケットモンスターサン プレイ感想-ボリューム良し難易度良し、シリーズ屈指の萌え良ゲー

 

 アローラ!(激寒)

 

ポケットモンスター新作、プレイしてきました。

 

正直な所前作オメガルビーでもストーリー終えてちょろっとレートかじっただけで辞めてしまっていたので、サンムーンに対するモチベーションもそこまで高くはなかったのですが、いざ発売されて見るとやはり気になるしネットの評判も良好でしたのでとりあえずストーリーだけでも…と思い購入しました。まあ、まったりやっていきましょう。

 

 

 

 がんばリーリエ❤

 

 

※こっちは感想だけなのでネタバレが殆ど無いようにしていますが

 気にする方はご遠慮ください。

 

 

続きを読む

ラブライブ!サンシャイン!!#13「サンシャイン!!」感想-『やりたいことは』?

 

f:id:hidamarie:20160926215943j:plain

 

 きっかけはなんでも良い!w

 どこへ飛び出せるか…わからない!w

 何とかなるさと始めよう!w

 無茶をやってみた…その先はわからない!w

 出会いにどんな意味があるか…知らない!w

  『君のこころは、輝いてるかい?』

 

 

 

ラブライブ!サンシャイン!!最終回13話の感想です。

 

 ラブライブ!サンシャイン!!もついに最終回まで来ましたね。短いようで長かった3ヵ月間でした。あの覇権ラブライブ!の続編として彗星のごとく現れ、わずか1年足らずでアニメ化。放送前からファンの期待は高く、前作主人公である高坂穂乃果との差別点をどう作るか、μ'sとの関連性は、何をめざしてスクールアイドルをやるのか、等様々な点が注目される中での放送開始。蓋を開けてみれば、田舎の辺境の地でμ'sの輝きに導かれ精一杯輝こうとする少女たちの姿。そしてμ'sに勝るとも劣らないクオリティの高いライブシーンや楽曲の数々。ファンの期待に応えつつ、その斜め上を行くアニメの出来には貫禄すら感じさせるものがありました。

 

 

 

なのにね。

 

 

続きを読む